滋賀県大津市にある建築会社/社寺建築 建築・土木 住宅

リフォーム奥さま 体験レポート

新しいフローリングで、リビングが爽やかに大変身!

リフォーム奥さま、体験レポート

※写真はイメージです

お客様からの一言

新築マンションに越してきて、もうはや18年です。
ところが、少し前からちょっと気になることが・・・
家の掃除をしていると、フローリングが傷だらけです。また、汚れもなかなか取れません。ワックスをかけてはいるのですが、年々劣化していくのを感じます。
壊れているというわけではなく傷や汚れだけのことなので、我慢すればいいことなのですが、掃除をするたびに何だか気がめいってしまいます。
そんなわけで、思い切って奥村組に相談をしました。
フローリング張替え時期の目安は、15年~20年といわれているそうです。
我が家も、ちょうど張替えのタイミングにきていたのでしょう。
フローリングの張替えは、大きく2種類の方法があると教えていただきました。
床をはがして新しくする「張替え工法」、今ある床の上から貼る「重ね貼り工法」です。
どちらもメリットやデメリットがありましたが、今回は思い切って「張替え工法」にしました。材質にかかわらず費用は高めになりましたが、下地の状態も確認できたのでよかったと思っています。
リフォーム後、爽やかに大変身をしたリビングでくつろいでいると、気分まで爽やかになるように感じました。
床材の選択から工法のご説明に至るまで、親切に対応してくださったスタッフの方々に感謝しています。ありがとうございました。

アドバイザーからの一言

一見、大掛かりな作業に思えるフローリングの張替えですが、実は「重ね貼り工法」であれば、DIYでも比較的簡単に施工ができます。
「重ね張り工法」は、「費用が安い」「工期が短い」というメリットがありますが、「段差ができてします」「下地の傷みは治らない」というデメリットもあります。
せっかくの張替えならば、「張替え工法」がお勧めですが、費用が気になるところです。
しかし、経年劣化し下地自体がボロボロになっているケースもあるので、フローリングの張替えを検討する際には、一度プロに相談するのが確実です。
奥村組は、あなたの住まいのアドバイザーとして、いつでも頼りにしていただける存在でありたいと思っています。
住まいに関するご相談、お待ちしています。