滋賀県大津市にある建築会社/社寺建築 建築・土木 住宅

小さい頃から見たり聞いたりして、自然と暮らしの中に生きていることってありますよね!このコーナーでは、毎月、おたくさんからくらしに役立つ知恵を授けてもらいます。きっと「なるほど!そうなんだ!」と納得していただける情報がいっぱいありますよ!
おたくさんから授かった知恵で、あなたのくらしをさらにいきいきと素敵なものにしてください。
おたくさんのプロフィールはこちら

2021年7月の知恵袋 「日本人ならではの涼しく過ごす知恵」

2021年7月の知恵袋

「日本人ならではの涼しく過ごす知恵」

~日本人の感性が光る涼しい音色、風鈴~

チリン、チリーン……涼風が吹き、風鈴の音が響きます。風鈴のルーツは古代中国にあり、魔よけや占いに使うものだったとか。これが日本に伝来すると風を知らせる役目をもつようになり、朝顔や金魚が描かれたガラス製の江戸風鈴、南部鉄製の南部風鈴、陶器製の瀬戸風鈴などさまざまな風鈴が生まれ、夏の風物詩としてその風情を楽しむようになりました。

2021年7月の知恵袋 「日本人ならではの涼しく過ごす知恵」

ひと昔前までは家々の軒先に下がっていた風鈴も、現在は少々肩身が狭くなりましたが、だからといってすたれるわけではなく、ご近所に配慮して室内の風の通り道に下げたり、インテリアとして飾るなど、いろいろと折り合いをつけて楽しむ方が増えているから、すごいことです。最近は、伝統的な手法に斬新なエッセンスを加えた風鈴も続々登場しており、その音色が現代人の心に響いています。

2021年7月の知恵袋 「日本人ならではの涼しく過ごす知恵」

このように風鈴が見直されているのは、エコの観点からも存在価値が高いと気づいたからでしょう。エアコンに頼るのではなく、風を取り込む暮らしにシフトすることでエコにもつながり、その音色が精神的な涼しさをもたらします。